肌断食と水

肌の水分量と水を飲むことの関係

美肌を手に入れるには、水を飲むことが大事だと昔から言いますよね。それで、実際にそうなのか調べてみました。

宇津木龍一先生の「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」では、宇津木先生が

「水を飲めば、肌の水分量は増える?」

という質問に答えて、

「はい。体中の細胞に水が供給されて、肌もうるおいます」

と答えていらっしゃいます。

さらに、

「外からでは肌に水を補うことはできません。かえって肌を乾燥させるだけです」とも書かれていました。

 

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法【電子書籍】[ 宇津木龍一 ]

昔から言われていた「肌をきれいにするには、水を飲むことが必要だ」ということは、やはり正しかったのですね。

1日に必要な水分摂取量

尿や汗など、私達の体からは1日に2.5リットルの水分が出ていってしまうそうです。

食事やお茶、コーヒーなどで半分ぐらいは水分を摂取できるのですが、あとの半分くらいは意識して水を飲む必要があるようです。

一日に1.5~2リットルの水を摂取するよう勧めている専門家が多いです。

近年は猛暑が続き、熱中症対策をするように勧められていますが、汗を大量にかく夏には、意識して多めに水分を摂る必要があります。

水分のとり方

水分はいっぺんに多量を摂取するのではなく、一日のうち何回かに分けて、少しずつ摂るとよいとのことです。

1回で多量の水を摂るのはそもそも難しいですし、一遍に多量の水を摂取すると、一気に出ていってしまって無駄になるようです。

私は日頃から水をよく飲む方なのですが、夏以外の季節に、夏と同じように水を飲んでいると、お腹が冷えて下痢になることがよくあります(笑)。

やはり時間を空けて、少しずつ水分を摂ることが重要だと思います。

また、食事をとらずに、一日2~3リットルの水を飲むなど、不自然な方法もよくないようです。水中毒になる恐れがあるとのことです。

水中毒とは、水分のとりすぎによる中毒症状で、血液検査をして、低ナトリウム血症の状態になっていることを指します。

水をあまり大量に飲むと、血中にもともとあったナトリウムの濃度が低くなり、中毒症状が起きるそうです。

中毒の症状は軽度の疲労感から始まり、ナトリウム濃度が低下するにつれて、けいれんや昏睡といった重い症状が出ることがあります。

最悪の場合は、死に至ることもあるそうです。

不自然な水のとり方はすべきではないのですね。

スポンサーリンク

どのような水を摂ると良いのか

宇津木先生はミネラルウォーターではなく、軟水を摂ることを勧めていらっしゃいます。

私達日本人は、軟水の国で育っていて、軟水に慣れているからです。

でも、いろんな種類の水を試して、飲みやすいものを見つけるのもよいのではないでしょうか。 美肌のためだけではなく、体の健康を保つためにも必要な水。毎日何回かにわけて、きちんと摂っていきたいですね。

ABOUT ME
Susie
はじめまして、スージーです。20代の頃からニキビ、肌の赤みに悩んできました。ひょんな思いつきから、2019年の4月末に肌断食を開始。皆さんの参考にしていただけるように、これまでの経過や効果などをお伝えします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です