シミ

肌断食はシミに効果があるのか?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

いらすとや

シミを薄くするのに肌断食は有効なのでしょうか。

顔にあちこちできているシミが気になって、

最近増えてきたような気がするし、何かよい美容法ないかな 

と考えて、肌断食に興味を持った方も多いと思います。

この記事では、肌断食はシミに実際に効果があるのかをお伝えします。

専門家の意見と私の実体験です。

また、シミの予防法や、できたシミを薄くするにはどうすればよいかもお知らせします。

この記事を読み終えると、肌断食のシミに対する効果がわかります!

<スポンサーリンク>

肌断食の提唱者、宇津木先生のシミに関する考え

このブログでも何回もご紹介している宇津木龍一先生の「肌の悩みがすべて消えるたった一つの方法」という本。

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法

 

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法【電子書籍】[ 宇津木龍一 ]

「肌断食はシミに効果がある!」とストレートに言っているわけではありません。

ただ、いくつかの点でシミに効果がある可能性があります。

肌断食は、極力化粧品を使わない美容法です。そのため、

  • 肌をこすることがない
  • 化粧品によりバリア機能が失われない

ということが特徴です。

化粧品をつける際には、肌をこすりがちです。

肌をこすっていると炎症が起き、シミのもとになるメラニンが増加します。

その結果、シミができて、肌がくすむことになるのです。

また、肌断食では化粧品を使いませんので、肌のバリア機能が損なわれることがありません。

化粧品の成分を肌の内部に送り込むためには、まず肌のバリア機能を壊す必要があります。

その役割を果たすのが油、クリーム、界面活性剤です。

化粧品の成分は体にとっては異物ですので、肌に入ると炎症が起きることがあります。

炎症が続けばメラニンが増えて、その結果くすみやシミも増えることになるのです。

また、化粧品によって肌のターンオーバーが妨げられることがないので、シミの改善も期待できます。

<スポンサーリンク>
スポンサーリンク

肌断食をしてシミはどうなったか?

私は2019年4月末から肌断食を始めましたので、約10ヶ月が経過したところです。

ここで、実際に肌断食をして、シミはどうなったのかをお伝えします。

肌断食をしてシミは薄くなったか?

私の顔には、頬を中心にいくつかシミがあります。

肌断食を始めて、シミは若干薄くなった気がします。

ただ、「シミがなくなった」とまではいきません。

ただ、肌診断アプリでは、シミについては「とても良い」「良い」の評価が出ています。

肌断食をしてシミは濃くなったか?

肌断食をすると、シミが薄くなる効果はあるのか知りたい方は多いでしょう。

また、それとは逆に、肌断食をすると、シミが濃くならないか心配な方もいらっしゃると思います。

化粧品で手入れをしないのですから。

私のこれまでの経験から言いますと、肌断食をしてもシミは濃くなっていません。

シミが増えたという印象もありません。

シミについては、時間をかけて経過を見ていく必要があると思います。

ある程度時間がたったら、また状態をお知らせします!

 

*Amazon

【第1類医薬品】トランシーノII 240錠

シミができないようにするには

シミができないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

まずは、シミができる仕組みから見ていきます。

そもそもシミはなぜできるのか

シミとは、肌に黒色メラニンが過剰にたまっている状態です。

黒色メラニンは紫外線から肌を守るという役割もあります。

でも、過剰にたまるとシミやそばかすなど、美容上の問題が出てきます。

メラニンは通常、表皮のターンオーバーによって、角質とともに排出されます。

しかし、排出と産生のバランスが崩れると、メラニンが肌に過剰にたまることになります。

シミができる原因にはいくつかあります。

紫外線、ターンオーバーの乱れ、加齢、肌をこするなどの物理的な刺激、ストレスやホルモンバランスの乱れなどです。

シミの予防法

シミができる原因から考えて、シミを予防するには、

  • 紫外線予防
  • 肌のターンオーバーを整える
  • 肌をこすらない
  • ストレスをためない
  • 睡眠や食生活に気をつけて、ホルモンバランスを整える

ということになります。

肌断食をすると、肌のターンオーバーを整えることや肌をこすらないことには、一定の効果があると思います。

紫外線予防については、肌断食では日焼け止めを極力使わないことを推奨しています。

日焼け止めを使うことによる肌のダメージと、紫外線による肌への害のバランスを考える必要があります。

日本人ならば、15分程度の外出には日焼け止めを使わない方が、肌へのダメージが少なくなってよいそうです。

日傘や帽子などを使って、紫外線を上手に遮るとよいですね。

長時間外にいる場合には、ワセリンベースの日焼け止めを使うのが理想です。

そのような日焼け止めが入手できないときは、紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

私は、ノエビアのノブ UVミルクEXを使用しています。

 

Amazon

[NOV] ノブ UVミルクEX 35g [SPF32/PA+++][日焼け止め][常盤薬品](敏感肌 低刺激用 ノエビア)

 

食生活では、ビタミン類を積極的にとるのがよいようです。

これは、どのような肌のトラブルにも言えることですね。

シミ予防には、特にビタミンCとビタミンA。

ビタミンだけでなく、食物繊維やタンパク質もとる必要があります。

できたシミを薄くするには

シミを簡単に消す方法はまだないようです。

できたシミを除去するには、レーザー治療を勧める医療関係者の方が多いです。

治療以外にできることには、

  • ターンオーバーを改善して、黒色メラニンが排出されるようにする
  • 黒色メラニンを酸化させないようにする

などがあります。

先程も言いましたが、ターンオーバーの改善には、肌断食は効果があると考えられます。

また、規則正しい生活習慣にすることも必要です。

睡眠を十分にとり、適度な運動をして、ホルモンバランスを整えましょう。

ストレスをうまく発散することも重要です。

黒色メラニンの酸化を防ぐには、ビタミンCが有効であると言われています。

また、シミができるのには様々な原因があります。

肌をこすることによってできたシミは、肌をこすらなくなると薄くなる可能性があります。

こちらの記事をご参照ください。

シミ、シワを改善したいなら、絶対にやってはいけないこと美肌作りで絶対にやってはいけないこと。それは、「こすること」。 そう言われて、極力肌をこすらないようにしているのですが、洗顔や洗顔後の...

 

まとめ

  • 私の体験では、肌断食によってシミが若干薄くなった
  • シミが増えたり、濃くなることはなかった
  • シミができないようにするには、肌のターンオーバーを整える必要がある
  • 肌をこすらないことや、紫外線予防、規則正しい生活習慣も大切
  • できたシミを薄くするには、レーザーなどの治療をすることもできる
  • ターンオーバーの改善、ビタミンCの摂取なども効果がある

シミに悩まされない肌を手に入れたいですね!ご参考になれば幸いです。

<スポンサーリンク>
ABOUT ME
Susie
はじめまして、スージーです。20代の頃からニキビ、肌の赤みに悩んできました。ひょんな思いつきから、2019年の4月末に肌断食を開始。皆さんの参考にしていただけるように、これまでの経過や効果などをお伝えします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です