使っている商品-ワセリン 石鹸

ワセリン、純石けん 肌断食で使っている商品

ワセリン

今日は、肌断食をしている私が使用している石けんやワセリンをご紹介します。

以前、石けんやワセリンについては文章を書いたんですけど、今見たらどこにもないんですよね💦

誤って消してしまったかもしれないので、もう一度書くことにしました。

私が毎日しているスキンケアは以下の通りです。

  • 洗顔は朝晩2回。石けんや洗顔料を使わず、水やぬるま湯だけで洗顔
  • 洗顔後には何もつけない
  • 肌が乾燥したり、ピリッとした違和感があったら、ワセリンを微量塗る

なので、毎日使用しているのはワセリンだけです。

ワセリンは本当は気になった時につけるというぐらいでよいのですが、なんだかんだ毎日使ってますね。

でも、顔全体につけるのは、空気が乾燥している時や乾燥を感じる時だけです。たいていは乾燥が気になる部分にだけ、微量をつけています。

それでは、具体的にどのような商品を使っているのかご紹介します。

ワセリン

肌断食を提唱している宇津木龍一先生の「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」によると、ワセリンとは

「石油を蒸留した残渣から得られた油をさらに生成したもの」

です。

石油からできていると聞くと、かえって肌に悪いんじゃないかと思われる方もいるかもしれませんね。

でも、ワセリンは皮膚科や小児科、形成外科でも用いられています。皮膚病ややけどの患部を保護する目的があります。

患部にクリームやローションを塗ると、刺激が強くて傷が治らなくなります。

でも、ワセリンは以下の特徴があるので、肌にとてもやさしい素材です。

  • 酸化するのに数年かかる
  • 皮膚の中に浸透しにくい

植物油でも、動物の油でも空気にふれるとすぐに酸化が始まります。しかし、ワセリンは酸化に数年かかるので、安心して使うことができます。

化粧品の広告などで、「肌の奥まで浸透する」という謳い文句をよく見かけます。でも、肌の奥まで浸透すると、かえって刺激が強いです。

ワセリンは「皮膚の中に浸透しにくい」ことが、肌への優しさにつながっているのです。

「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」感想これまでに、肌に何もつけないケアや肌断食に関する本やサイトをいくつかご紹介してきました。 https://susie0325.com/...

ワセリンにはいくつか種類がありますが、肌につけるには、白色ワセリンを選びましょう。

私が使っているのは以下の商品です。

 

チューブから出すと、最初はちょっと固くて、伸びがよくないかなと思いました。

でも、肌断食では両手のひらに微量を出して、肌にそっと押し当てるようにつけていくので、問題はありません。

伸び自体も、心配していたほど悪くはないですし。

香りはほとんど感じません。微量を使えば、ベトつきもありません。

先ほどの宇津木先生の本によると、ワセリンを使う量は、

「綿棒の先にちょっとすくってとれる程度、米粒の半分ほどの量」

だということです。

ワセリンがいくら肌にやさしいと言っても、つけすぎは禁物です。

このほかにも、以下のワセリンも人気がありますね。

肌断食で推奨されている純石けんとは、成分に

  • 石けん素地
  • 石けん素地、水

とだけ書かれているものです。香料など、他の成分は含まれていません。

私は通常、水かぬるま湯だけで洗顔しています。

日焼け止めもお湯で落ちる商品を選んでいるので、純石けんを使っているのはメイクをした時だけです。

肌断食 お勧めの日焼け止め肌断食 使っている日焼け止め 今日はお勧めの日焼け止め、ノブ UVミルクEXをご紹介します。 日焼け止め 以前は、近所に出かける時...
ノブUVミルクEX お湯で落とせるノンケミカルの日焼け止め梅雨が明ければ、いよいよ夏本番。日傘や日焼け止めなど、紫外線対策のグッズが気になる頃ですね。 https://susie0325.co...

 

私が使用している純石けんは以下の商品です。

 

ファンデーションは石けんで落ちるミネラルファンデを使っています。

純石けんでミネラルファンデを落とす際には、とにかくいっぱい泡立てることが重要だと気づきました。

ミネラルファンデ 石けんオフの意外な盲点外出時には石けんで落とせるミネラルファンデーションを使っているのですが、最近やっと、石けんでうまく落とすコツがわかってきました。 よう...

 

泡立てネットを使っているのですが、固形石けんで泡立てるのってけっこう大変です。それで、次に買うのは以下の泡タイプでもいいかなと思ってます。

でも、石けんってすごく長くもつので、次に買うのはだいぶ先になりそう・・・

 

 

まとめ

肌断食で推奨されているワセリンと純せっけんについてまとめます。

 
  • ワセリンは酸化しにくく、肌に浸透しずらいため、肌に優しい 
  • 肌につけるワセリンは、「白色ワセリン」を選ぶ
  • 純石けんは、成分の欄に「石けん素地」、「石けん素地、水」とだけ書かれているものを選ぶ

以上、私が日頃使用しているワセリンと純石けんをご紹介しました。

ABOUT ME
Susie
はじめまして、スージーです。20代の頃からニキビ、肌の赤みに悩んできました。ひょんな思いつきから、2019年の4月末に肌断食を開始。皆さんの参考にしていただけるように、これまでの経過や効果などをお伝えします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です