日傘

日傘をさしていても効果なし?UV防止効果で注意すべきポイント

フリーイラスト素材集 ジャパクリップ

日焼け防止効果の高い日傘を選ぶためのポイント

何回も書いていますが、肌断食をしている私。

日焼け止めも長時間外にいる時はつけますが、15分程度の外出ならば日傘や帽子などでガードした方が、肌のダメージが抑えられます。

そろそろ紫外線が気になってくる頃ですが、紫外線によるダメージを抑えるには、どのような日傘を選んだらよいのか調べてみました!

読み終わると、日焼けを防止するための商品選びのポイントがわかります!

日傘の選び方

ここからは日傘を選ぶ時のポイントをお伝えします。

・UVカット効果から見た日傘の種類

日傘にはUVカット素材を使用しているものと、UVカット加工が施してあるものがあるそうです。

UVカット加工にはPU(ポリウレタン)加工が用いられることが多いです。

このようなコーティングをするとUVカット率は90%以上になって、UVカットという表示が可能になります。

最近は紫外線だけでなく、太陽光そのものを通さない傘もあります。それが遮光傘です。

遮光率が99%以上ないと、「遮光」という表示ができません。「遮光」と表示されている商品は、基本的にUVカット率も99%以上あると考えてもよいようです。

・日傘の色

 

 

 

 

 

 

 

フリーイラスト素材集 ジャパクリップ

黒の日傘は、紫外線をカットする効果が高いとはよく聞く話です。

それは、色そのものの性質で、白は紫外線を反射し、黒は紫外線を吸収すると言われているからです。

ただ、UVカット加工を施している傘は生地の表面に薬品が使われているので、使い始めはどの色でも効果はあまり変わりません。

時間がたって、UVカット加工の効果が薄れてきた時には、黒の方が紫外線を吸収する効果が高く、照り返しにも効果を発揮するということのようです。

素材や生地の構造自体がUVカット効果のあるものであれば、どの色でも問題はなさそうです。

私は日傘は見た目の涼しさも重要だと思います。真夏に黒い日傘をさすのは、暑苦しくていやです。

今使っているのも薄いブルーなのですが、これから買い換える時も、涼しげな色合いで、しかもUVカット効果も高い商品を選びたいと思っています。

・UVカット効果はいつまで続くのか

UVカット加工を施している日傘の紫外線防止効果は、2~3年で薄れる可能性が高いそうです。

施しているコーティングが摩擦などで剥がれてしまい、UV防止効果が低くなります。

私が使っている日傘は、もう5、6年たつな・・・。

それほど高い商品ではなかったので、素材そのものにUVカット効果があるのではなく、UVカット加工を施しているのだと思います。

生地もそれほど厚くないし、色も淡いブルーなので、UVカット効果はほとんどないかも(笑)。

でも、どこも壊れてない日傘を捨てて、新しい日傘を買うのは抵抗があるので、何か方法はないかと探しました。

UVカットスプレーを表面に吹きかけると、効果が復活することがあるそうです。

でも、天然素材を使用している商品は、劣化によって紫外線が中に入り込むことがあり、効果は蘇らないとか。

おお。私の日傘は天然素材なので、諦めるしかないのか・・・。がっくり。

・UVカット効果が少しでも長持ちする日傘を選ぶには

 

 

 

 

 

 

Photo by GIRLY DROP

日傘を長く使うなら、折りたたみ式より長傘のほうがよいそうです。

折りたたみの傘は、たたむ時に骨が生地にあたったり、カバンから出し入れする時に摩擦で生地が傷んで、コーティングがはがれるとのこと。

お出かけの目的に合わせて、折りたたみ式と長傘を使い分けるのもよいでしょう。

また、使用開始当初からUVカットスプレーを定期的に使用すると、UV加工の上に薬剤を上塗りすることになり、UVカットの寿命が長くなります。

私のように長年同じ日傘を使い続けたいという人は、素材そのものにUVカット効果があるものか、傘の構造によって紫外線防止効果があるものを選ぶとよいかもしれません。

そのような傘を作っている会社やブランドを2つご紹介します。

株式会社サンバリア100

日光アレルギーの方のことも考えて、紫外線(A波、B波)を100%カットする完全遮光日傘を製造されています。

UVカット処理ではなく、独自開発の3層構造の生地を使用しています。

内側の生地は照り返しにも配慮して、黒色になっています。

生地自体にUVカット効果があるので、表側の生地はどのような色でも、どのような柄でも効果は変わらないそうです。

また、生地が破れない限りは、遮光率が低下することはなく、手で摩擦を加えても、雨に当たっても遮光率はそのままだそうです。

インターネットのみの販売で、6ヶ月の無償補償がついています。

私がいつも買っていた日傘よりだいぶお高めなのですが、2,3年で効果がなくなることを心配する必要がないのはいいですね。

ただ、内側に黒色を使用していると、確かに効果は高いけど、圧迫感とか暑苦しさとかはないのかな?

そういう日傘をさしたことがないので、体験するしかないですが。

芦屋ロサブラン

こちらのブランドも、日光アレルギーや日光過敏症の方のことを考えて、商品開発されています。100%完全遮光の商品が揃っています。

サンバリア100と同じように、生地そのものが100%遮光構造で、生地が破れない限り、汚れても摩擦しても遮光率が落ちることはありません。

内側にはブラックラミネートが施されていて、照りかえしによる害を防ぎます。

フェミニンなものからシンプルなものまで、様々な色やデザインの商品が揃っています。

兵庫県芦屋市に直営店があり、インターネットでも商品を販売しています。楽天にも出店されていました。商品価格は先ほどのサンバリア100と同じくらいです。

*楽天市場

*yahooショッピング

芦屋ロサブラン

後日、このブランドの日傘を購入しました。使用した感想はこちら

こちらのブランドは日傘以外にも、帽子やサングラス、ストールや服など、さまざまな遮光商品が揃っています。

どこも悪くなっていないのに、新しい日傘に変えるのは抵抗があるけど、紫外線を防止するためにはしかたがないのかなあ。

今度買う時は、長年使えるように、上記の2ブランドのように生地そのものにUV防止効果のある商品を選びたいと思いました!ちょっと高いけど(笑)。

まとめ

最後に紫外線防止効果の高い日傘の選び方をまとめます。

・日傘にはUVカット加工を施した商品と、素材や構造そのものにUVカット効果がある商品がある

・UVカット加工を施した商品の紫外線防止効果は2,3年ぐらいしかもたない

・UVカット加工を施した商品の色は、使用当初はどの色でもよい。ただ、時間がたって効果が薄れてくると、黒の日傘の方が効果がある

・素材や構造そのものにUVカット効果がある商品は、どの色でも同じ効果がある。破れない限り、UVカット効果(遮光効果)が持続する

せっかくさしているのだから、やはり少しでも紫外線防止効果が高いほうがいいですよね。

日傘選びのご参考になれば幸いです!

ABOUT ME
Susie
はじめまして、スージーです。20代の頃からニキビ、肌の赤みに悩んできました。ひょんな思いつきから、2019年の4月末に肌断食を開始。皆さんの参考にしていただけるように、これまでの経過や効果などをお伝えします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です