ミネラルファンデ 石けんオフのコツ

ミネラルファンデ 石けんオフの意外な盲点

 

外出時には石けんで落とせるミネラルファンデーションを使っています。

最近やっと、石けんでうまく落とすコツがわかってきました。

ようやくって感じなんですけども(笑)。

ちなみに私が使っているミネラルファンデーションは、ETVOSとオンリーミネラルの商品です。

ETVOSマットスムースミネラルファンデーション 使っている商品2 肌断食をしている私が、ファンデーションのほかに使っている商品については、以下の記事に書きました。 https://susie032...
石鹸で落とせるオンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション 以下の記事に書いたように、肌断食をしている私はETVOSのファンデーションを使用しています。 https://susie0325....

 

私は家で仕事をしているので、ファンデをつける機会が少ないです。

それで、トライアルセットのファンデがまだ残っています。

近所への外出には肌の負担を考えて、ファンデをつけていません。

でも、セットのファンデを使い切ったとしても、なんかどちらも捨てがたいんです。

ETVOSはカバー力、オンリーミネラルは軽いつけ心地が魅力。

気分や場面に合わせて使い分けるのもありかなと思っています。

どちらもそれほど価格が高くないので、使い分けもできそうです。

ミネラルファンデの石けんオフのコツ

どちらのファンデーションを落とす時にも、一部に残ってしまうことがあるのが、ちょっと不満でした。

でも、最近になって、落とし方のコツがわかってきました。

それで、今日はそのコツをお伝えしたいと思います。

読み終わると、なんだ、そんなことかと思うかもしれないんですけど。ご参考までに。

石けんオフのコツは、以下の通りです。

  1. 石けんをしっかり泡立てること。泡の量は手にこんもりと載るくらい
  2. 指をある程度しっかりと肌に密着させて、肌を軽く撫でるように触っていくこと
  3. 下地にワセリンをある程度しっかりつける

やっぱり思われました?なんだ、こんなことかって(笑)。

でも、細かいことがけっこう重要だと気づいたんです。

石けんをしっかり泡立てること。泡の量は手にこんもりと載るくらい

以前、石けんオフの方法を紹介しているETVOSのサイトをご紹介しました。

私も当然そのページ(2021年8月1日追記: 現在はこのページは削除されています)を見たんです。

説明も読みました。写真も見ました。なのに、肝心なことが頭に入っていませんでした。

このETVOSのページは、同社の石けんを使った落とし方を紹介しました。

でも、純石けんを使う際にも同じやり方でよいと思います。

石けんの泡の量は、たいていの方が想像しているよりずっと多いです。

手のひらにこんもり載るぐらいです。

たまにテレビCMで同じぐらいの量の泡を見ることがあるのですが、CMだから大げさなのねと思っていました(笑)。

その量と比べると、私が泡立てていた量というのはかなり少ないです。

手のひらをうっすらと覆うくらい。この量ではダメなんですね。

ETVOSによると、石けんの泡立て方は以下の通りです。

  • 泡立てネットを使って、5回程度揉む
  • その後、石けんを外して、空気を含ませるようにしながら、20秒程度ネットを揉んで泡を作る

私、石けんを外して、ネットだけを揉んで泡を作るなんてこと、やってませんでした。

「泡立てネットを使って、5回程度揉む」程度で終わってましたよ・・・。

ちなみに、肌断食を提唱している宇津木先生は、キッチン用のスポンジを小さく切って使うことを勧めています。

衛生面や泡立ちの良さが理由です。

ネットとスポンジ、やりやすい方を選ぶといいですね。

指をある程度しっかりと肌に密着させて、肌を軽く撫でるように触っていくこと

photoAC

石けんの泡立て方よりも、こっちの方が私には盲点だったかもしれません。

肌断食を始めてから、とにかく肌をこすらないように気をつけていた私。

ファンデを落とす時も、あまり肌に触らないように気をつけていたんです。

指と肌の間には当然泡もあるんですが、やっぱりある程度ちゃんと肌に触らないと落ちません(笑)。

かと言って、力を入れすぎるのは厳禁です。

桃の表面を触るみたいに、傷つけないように軽く触れていきましょう。

小鼻の横など、ファンデが残りやすい部分はある程度しっかりと。

泡と水の力だけでは、ファンデをしっかり落とすのは難しいかも。ある程度ちゃんと触らないと。

下地にワセリンをある程度しっかりつける

ワセリン

下地にワセリンをつけると、肌にファンデが直接つくことがなく、肌にとっては負担になりません。

また、ワセリンをつけておくと、メイクオフもしやすくなります。

私もいつもそうしていたのですが、ワセリンの量が少なすぎました。

これもある程度の量をつけないといけませんね。

「ある程度」と何度も言っていますが、やっぱり肌を触るのも、ワセリンの量も控えめにしたほうがいいです。

そのほうが肌に負担になりません。

でも、そうしていると、十分にメイクオフできないこともあります。

メイクオフがちゃんとできて、しかも肌への負担も極力少ない加減を探っていきたいです。

私が使っているのはETVOSとオンリーミネラルの商品です。

でも、他の「石けんで落とせる」ミネラルファンデも要領は同じだと思います。

料理もそうですけど(←なんか急に大きく出た)、ちょっとしたコツで結果がずいぶん変わってきますよね。

ミネラルファンデを使い始めてからしばらくたって、ようやくわかってきた落とし方のコツ。

ご参考になれば幸いです。

ここまで、石けんでミネラルファンデを落とす方法を紹介してきました。

他にも、シャワーヘッドを替えて、ファンデの落ちを良くするのもアリ!です。

肌の負担にかけずにメイクオフできます。

お勧めしたいのは、ミラブルプラス

テレビCMで女性の頬に書かれた油性マーカーの線を、シャワーで洗い流す映像を見たことはありませんか?

ミラブルプラスがウルトラファインバブルを作り出します。

その細かい泡が毛穴やシワの奥に入り、汚れを吸着して落とします。

従来のシャワーヘッドより、ファンデーションを洗い流す力がアップ。

バブルストレート(ストレート水流)はヘッドスパや頭皮クレンジングにも使えます。

バブルミストは(ミスト水流)はフェイスケアや、加齢臭対策にもオススメです。

 

468×60
スポンサーリンク

まとめ

では最後に、ミネラルファンデの石けんオフのコツをまとめます。

  • 石けんをしっかり泡立てること。泡の量は手にこんもりと載るくらい
  • 指をある程度しっかりと肌に密着させて、肌を軽く撫でるように触っていくこと
  • 下地にワセリンをある程度しっかりつける

ETVOSのファンデとオンリーミネラルのファンデ、試してみるとどっちもいいんですよ。

どっちも捨てがたいです。

今までファンデの使い分けなんてしたことはありません。

でも、トライアルの商品がなくなったら、両方とも買ってると思います(笑)。

カバー力の高さと軽いつけ心地、どっちも魅力があります。

 

ABOUT ME
Susie
はじめまして、スージーです。20代の頃からニキビ、肌の赤みに悩んできました。ひょんな思いつきから、2019年の4月末に肌断食を開始。皆さんの参考にしていただけるように、これまでの経過や効果などをお伝えします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です