ビタミンB群

とにかくまとめて摂ろう!ビタミンB群

 

いらすとや

このブログをチェックしていて、大事な項目にまだ触れていないことがわかりました。

それはビタミンB群の美肌効果です。

私は顔の肌とは違う箇所にトラブルがあって、1年以上皮膚科に通っています。皮膚科では、ビタミンB2の錠剤をいつも処方されています。

また、皮膚科の薬を飲んでいない時も、ビタミンB群のサプリを飲んでいました。

ビタミンB群のサプリをどうして飲んでいたかというと、「肌にいいって聞いたから」。

でも、よく考えてみると、ビタミンB群がどう肌によいのか、はっきりとは知らない・・・。

そこで、今回はビタミンB群の美肌効果について調べてみました。

この記事を読み終わると、ビタミンB群とはどういうもので、肌にどのような効果があるのかがわかります。

また、ビタミンB群はどのように摂ったらいいのかもお伝えします!

ビタミンB群とは

人間の体は、たんばく質、糖質、脂質の三大栄養素をエネルギー源として動いています。

この三大栄養素の働きを助けるのに、ビタミンやミネラルは欠かせません。

ビタミンは、これまでご紹介してきたビタミンAやビタミンCも含めて13種類あります。

ビタミンB群は水溶性のビタミンで、以下の8種類があります。

  • ビタミンB1(チアミン)
  • ビタミンB2(リボフラビン)
  • ビタミンB6(ピリドキシン)
  • バタミンB12(シアノコバラミン)
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • 葉酸

水溶性ビタミンは体内に貯めておくことができず、余った分は排出されてしまうので、毎日摂取することが必要です。

パントテン酸や葉酸まで、ビタミンB群に分類されるとは知りませんでした。独立の栄養素だと思っていました。

スポンサーリンク

ビタミンB群の美肌効果

 

 

 

 

 

いらすとや

美肌という点から言うと、まず取り上げるべきなのはビタミンB2でしょう。

ビタミンB群のなかでも、皮膚の健康に最も関わりが深い成分です。ビタミンB2には以下の効果があります。

  • 肌のターンオーバーを促進し、肌の細胞の再生を助ける
  • 皮膚や粘膜の保護
  • 脂肪の代謝を助ける
  • 口内炎、口角炎を予防する
  • 疲労回復を助ける

私が皮膚科から処方されているのはビタミンB2の錠剤で、朝夕の1日2回飲むように言われています。

薬のはたらきを説明する紙には、「ビタミンB2欠乏による, 口角炎, 舌炎, 口内炎, 湿疹, 皮膚炎, 結膜炎などを治します」と書かれています。

私は以前、口角炎がよくできていたのですが、今はできなくなりました。この薬の効果があったのでしょうか。

ビタミンB2は「成長のビタミン」とも呼ばれているそうで、妊婦の方にも欠かせない栄養素です。

上にも挙げたように、ビタミンB2は脂肪の代謝に使われることが多いため、脂肪分の多い食事をすると不足しがちになります。

外食などで脂肪分の多い食事をした際には、意識してビタミンB2をとるようにしたいですね。

そういえば、私は健康診断でいつも悪玉コレステロールの数値が高いと指摘されます。脂肪分の多い食事というのも、心当たりがあります。

私の体のなかでも、脂肪の代謝にビタミンB2が大量に使われていて、不足しがちなのかもしれません。

このほかに美肌に効果があるビタミンBには、ビタミンB1があります。ビタミンB1には皮膚のかぶれを抑える働きがあります。
ビタミンB6はビタミンB2とともに皮脂をコントロールして、ニキビを改善してくれます。

一部のアミノ酸を作るのに必要とされる栄養素で、タンパク質を多量に摂ると、ビタミンB6も多量に消費されることになります。

ビタミンB6には皮膚、髪、歯を健康にし、成長を促進する作用があります。免疫機能の維持には欠かせません。
パントテン酸は美肌を維持する効果があり、コラーゲンの生成を助けるビタミンCと一緒に摂ると、免疫力がアップします。
ビオチン、ナイアシンは皮膚や粘膜の健康維持を助けます。

特に美肌効果に注目して、ビタミンB群の効果をお伝えしてきたんですけど・・・。

ここまでくると、「なんか肌に良さそうだから、ビタミンB群はまとめてとっとけ」というスタート地点に戻りそうです(爆)。

美肌づくりに効果的なビタミンB群の摂り方

上に挙げた美肌効果のあるビタミンB群の栄養素を、多く含む食材を挙げます。

  • ビタミンB2→うなぎ、牛・鶏・豚のレバー、青魚、乳製品、納豆
  • ビタミンB1→豚肉、玄米、枝豆、納豆
  • ビタミンB6→赤身の魚、ヒレ肉やささみなどの脂が少ない肉類、バナナ
  • パントテン酸→卵、ピーナッツ、サケ、イワシ、牛・鶏・豚のレバー
  • ビオチン→酵母、キノコ類、レバー、ナッツ、卵黄、魚介類
  • ナイアシン→魚介類、肉類の他、きのこ類、穀類

私のように、「ビタミンB群まとめてとっとけ」という方には、サプリなども便利ですよね。

私は今、以下のサプリを飲んでいます。

ビタミンB群の力を借りる栄養素

ビタミンB群は、何かと一緒に摂取すると効果が増大するというよりは、一緒に摂取したものの働きを助けるという作用があるようです。

タンパク質、脂質、糖質とビタミンB群を一緒に摂取すると、各栄養素の代謝が促進されます。

また、マグネシウムはビタミンB群と共に摂取すると、エネルギー変換を助ける効果が高まります。

疲労回復に効果があるクエン酸も、ビタミンB群と共に摂取すると、効果が増大します。

 

ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンCを配合した、シミ・そばかすに効くお薬はこちら↓

WHITE RUMAN

まとめ

  • ビタミンB群は水溶性のビタミンで、8種類のビタミンがある
  • 美肌づくりと最も関係が深いのはビタミンB2。肌のターンオーバーの促進、皮膚や粘膜の保護、口内炎・口角炎の予防などの効果がある
  • 他に肌に関わりの深いビタミンB群には、ビタミンB1、ビタミンB6、パントテン酸、ナイアシン、ビオチンがある
  • ビタミンB群をまとめて摂取したい人は、サプリなども便利
  • ビタミンB群は、他の栄養素の働きを高める

特に肌に対する効果に注目して、ビタミンB群についてお伝えしてきたわけですが、結論はやっぱり、
「肌にいいから、あれこれ考えずにビタミンB群、まとめてとっとけ」

でした(笑)。

もちろん、ビタミンB群は肌に対する効果だけでなく、健康作りにも欠かせない栄養素です。

ビタミンB群だけ摂取していれば、肌の状態が良くなるわけではありません。

でも、私は脂肪の代謝に問題がある可能性を指摘されているので、ビタミンB2は特に気をつけて、これからも摂取したほうがよいと思いました。

ご参考になれば幸いです!

*ビタミンB群以外にも、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEについて記事を書きました。よろしかったらご覧ください!

美肌を作るビタミンAの効果と摂り方先日お話ししたビタミンCもそうですが、美肌効果があると言われているビタミンAも、具体的にどういうものかと聞かれると困りませんか? この...
美肌作りに効果的なビタミンCの摂り方をわかりやすく解説ビタミンCは誰にも馴染みのある栄養素ですね。でも、具体的にどういうものかと聞かれると困りませんか? ビタミンCが肌にいいとは聞くけど、...
アンチエイジング、シミ・シワ予防に期待大!ビタミンEいらすとや 私は今ビタミンのサプリを飲んでいますが、そのうちの一つが、ビタミンC・E・Aが一緒になった商品です。 本当はビタ...
ABOUT ME
Susie
はじめまして、スージーです。20代の頃からニキビ、肌の赤みに悩んできました。ひょんな思いつきから、2019年の4月末に肌断食を開始。皆さんの参考にしていただけるように、これまでの経過や効果などをお伝えします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です