肌の悩み改善

肌の赤み、なんとかなる?赤みの正体と改善方法

Photo by an_vision on Unsplash

肌の赤みを改善することは可能か?

人がすっぴん状態の私の肌を見たら、最初に目に留まるのは肌の赤みだろうと思います。

ニキビやニキビ跡など、肌にトラブルがたくさんあったので、肌の赤みも消えることはないだろうとあきらめていました。

少しでも肌の状態を改善しようと思って、約1年前に肌断食を始めました。肌の赤みには、薄くはなったものの、相変わらず目立ちます。

ここで、肌の赤みを少しでも抑えるために、そもそも肌の赤みとはどういうものなのかや、改善方法があるのかどうか調べてみることにしました。

この記事を読んでいただくと、肌の赤みの正体や原因、改善方法がわかります。

私と同じ悩みを抱えている方々の参考になれば幸いです!

肌の赤みとは

Photo by Coline Haslé on Unsplash

肌の赤みは、炎症が起き、毛細血管が拡張している状態です。

炎症は体の免疫システムによる反応です。

肌は毎日さまざまな刺激にさらされていますが、バリア機能が正常に働いている肌であれば、炎症が起きることはありません。

しかし、バリア機能が低下していると、刺激によって肌の細胞が壊されたり、異物が侵入したりして、炎症が起きてしまいます。

ニキビの赤みも、炎症が原因で起きます。アクネ菌は誰の肌にも存在している常在菌です。

毛穴に皮脂や角質がたまり、毛穴の中でアクネ菌が増殖すると、体が異物を排除しようとして炎症を起こすのです。

肌に炎症が起こると、早く治そうとして、毛細血管が拡張し、血流量が多くなります。

炎症が治まると、毛細血管は収縮して、血流量ももとに戻りますが、肌トラブルが何度も起きると、毛細血管も拡張したままの状態になります。

このようにして、肌の赤みが定着します。

私も完全に肌の赤みが定着した状態です。肌が長年こんな状態だったなんて、自分の肌ながらかわいそうに思えてきました💧。

そして、肌の赤みの影響は、外見を悪くすることだけにとどまりません。赤みのある肌からは水分が蒸散しやすいという研究結果もあるそうです。

肌のバリア機能が低下していれば、肌の潤いもなくなりますよね。

また、メラノサイトが活性化して色素沈着が起きやすくなったり、毛穴の周囲の毛細血管が透けて見えて、毛穴が目立つようにもなります。

肌の赤みの改善方法

それでは、このような肌の赤みを改善する方法はあるのでしょうか。調べてみたところ、以下を実施するとよいようです。

  • バリア機能を向上させる
  • 紫外線対策をする
  • 生活習慣の改善
  • 肌トラブルの原因物質を取り除く

・バリア機能を向上させる

肌のバリア機能が低下している状態では、炎症が起きやすくなります。肌が炎症を早く鎮めようと、毛細血管を拡張させて、血流量を増やします。

その結果、肌に赤みが生じてしまうのです。

このような事態が起きないようにするために、バリア機能を向上させることが重要ですが、具体的には何をしたらよいのでしょうか。

まず、肌が乾燥していると、バリア機能が低下しますので、保湿する必要があります。

私は肌断食をしているので、化粧品で保湿をするのではなく、部屋の湿度に注意して、必要な時は加湿しています(詳しくはこちら)。

また、水を飲むと肌の水分量が増加します(詳しくはこちら)。

肌の乾燥を感じたら、ワセリンを微量塗っています。

バリア機能が低下している肌は、洗顔の時にこすらないことに注意しましょう。ぬるめのお湯を使って、肌の保湿成分や皮脂をとりすぎないことも大切です。

・紫外線対策をする

紫外線も肌のバリア機能を低下させる原因の一つですので、紫外線対策をしっかりしましょう。

紫外線によって、肌は乾燥して、やけどのような状態になることがあります。

肌のバリア機能が低下している時は、紫外線吸収剤を使用しておらず、肌に刺激の少ないノンケミカルタイプの日焼け止めを選ぶのも一つの方法です。

お湯で洗い流せるものや、石けんで落とせる商品もあります。

・生活習慣の改善

 

 

 

 

 

girlysozai.com

肌のバリア機能を改善するには、生活習慣を整えることも大切です。

赤みだけではなく、他の肌のトラブルを解消する時にも共通して言えることですが、以下を実施して、生活習慣を改善しましょう。

タンパク質、ミネラル、ビタミンをバランスよく摂取する

良質な睡眠を十分にとる

適度な運動などをして、ストレスをうまく発散する

肌トラブルの原因物質を取り除く

肌のバリア機能が低下している時は、普通なら何も感じないことに刺激を感じて、肌の赤みやかゆみが生じることがあります。

  1. 部屋を頻繁に掃除して、ダニやカビを除去する
  2. 枕カバーやシーツをこまめに洗濯する
  3. 汗をかいたら、早めにふきとる
  4. 髪が顔にかからないようにする
  5. 肌にむやみに触れないようにする

以上のことに気をつけるとよいでしょう。

また、肌の赤みはアレルギーが原因になっていることがありますので、心配になったら皮膚科を受診しましょう。

まとめ

・肌の赤みは、炎症が起き、毛細血管が拡張している状態である

・トラブルが改善すれば、炎症は治まり、毛細血管も収縮するが、トラブルが頻繁に起きている状態では毛細血管が拡張したままになり、赤みが定着する

・肌の赤みの改善には、肌のバリア機能を向上させること、紫外線対策、生活習慣の改善、肌トラブルの原因物質の除去が必要。

私は肌の状態を改善し、バリア機能を向上させるために肌断食をしています。

赤みは長年定着しているものなので、短期間で劇的に改善するとは思っていませんが、できることをして少しでも赤みを薄くしていきたいと考えています。

ABOUT ME
Susie
はじめまして、スージーです。20代の頃からニキビ、肌の赤みに悩んできました。ひょんな思いつきから、2019年の4月末に肌断食を開始。皆さんの参考にしていただけるように、これまでの経過や効果などをお伝えします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です