肌の悩み改善

肌の赤みを改善するには

肌断食をやりながらできる肌の赤み改善

これまでも何度もお伝えしてきましたが、私は肌の赤みが長年の大きな悩みです。

2019年4月末に肌断食を始めてから、だいぶ改善されたように感じていますが、赤みが完全になくなったわけではありません。

まだニキビができることや、ニキビ跡があることも、赤みがなくならない理由だと思います。

でも肌断食をやりながら、他に何かできることはないかと思い、調べてみました。

肌の赤みの原因

資生堂薬品株式会社のIHADAという商品ブランドには、「医師監修の肌ケア情報サイト 医肌研究所」というサイトがあります。

そのサイトに、四谷三丁目皮膚科の院長、山田美奈先生が、肌の赤みに関する記事を書かれています。

その記事によると、

「肌の赤みの正体は、「炎症」と「毛細血管拡張」です」

とのことです。

「ニキビの赤みも、炎症によって」起こるそうです。

「セルフケアでは赤みをただちに解消することはむずかしい」そうです。

でも、肌のバリア機能を回復させて、日頃から赤みが出にくい肌にしていく必要があるとのことです。

スポンサーリンク

刺激物と乾燥

この記事で山田先生が勧めているケアのなかで、すでに実践していることが2つあありました。それは、

  • 刺激物を避ける
  • 乾燥対策をする です。

刺激物を避けることについてですが、私は肌断食を始めるずいぶん前に、

「コーヒーの飲むすぎは、肌にはあまり良くないのでは」

と考えて、コーヒーを飲む量を減らしました。

当時は一日にコーヒーを4、5杯飲んでいたのですが、一日に2杯ぐらいに抑えました。

確かにその効果はあったと思います。肌の赤みが抑えられたように感じました。

ただ、コーヒーを飲む量を減らしたからといって、肌の赤みが完全になくなったわけではありません。

また、肌の赤みが抑えられたという実感も、それほど長くは続かなかったと思います。

でも、肌の状態が本当に悪い時には、コーヒーなど刺激物の摂取を減らすと、一定の効果はあるのではないかと感じています。

それで、現在もコーヒーは1日に2杯と決めています。たまにその決まりを破ってしまいますが(笑)。

次は、乾燥対策をすることについてです。

それは、部屋に濡れたタオルを干すという方法です。なんか貧乏くさいでしょうか・・・すみません。もちろん、加湿器を使ってもいいです。
ただ、加湿器の購入にはやっぱりお金がかかりますよね。

あと、加湿器を使ったことのない人間にとっては、カビが生えないのかなーと心配になります。
簡単にお手入れができるようになっていると思うんですけど。

乾燥を防ぐために、部屋に濡れたタオルを干すという方法は、前にテレビで、訪問看護のヘルパーさんがしているのを見て知りました。
乾燥を防ぐ効果があるということでしたし、タオルは毎日洗えば、カビの心配もないと思いました。
 
昔は、夏から秋に移る季節の変わり目に、乾燥で肌のトラブルがよく発生していました。
肌がピリピリしてつらかったので、何度か皮膚科に行きました。
 
部屋に濡れタオルを干すようになってからは、季節の変わり目に肌がピリピリするようなことはなくなったので、効果があると思います。
 
今は肌断食をしているので、乾燥には一層注意したほうがよいと思っています。
以前は寝る時だけ干していた濡れタオルを、今は昼間も干すようにしています。時々忘れちゃうけど(笑)。
 
肌の赤みに悩んでいる方に、私も赤みが完全になくなったわけではないですが、私の体験が少しでもお役に立てばと思っています。
ABOUT ME
Susie
はじめまして、スージーです。20代の頃からニキビ、肌の赤みに悩んできました。ひょんな思いつきから、2019年の4月末に肌断食を開始。皆さんの参考にしていただけるように、これまでの経過や効果などをお伝えします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です