1年8ヶ月

【 肌断食 経過 】写真あり 始めてから1年8ヶ月経ちました!

今日は肌断食の経過を写真を添えてご報告します。2019年4月末に肌断食を始めてから、1年8ヶ月経ちました。

クリスマスイブに決して美しいとは言えない肌の写真を、皆さんにお見せする私・・・。

それでも、なにかのご参考にはなるかもしれないと気を取り直しています。

 

肌断食経過 – 開始から1年8ヶ月

まず、先月からの変化を簡単にまとめます。

  • 特に口の左下のあたりに頻繁に粉吹きがみられるようになった
  • 肌全体に乾燥を感じるようになった
  • 小さな赤いニキビも相変わらず頻繁にできている

肌の状態としては、おそらく先月のほうがよいと思います。

原因として考えられるのが、本格的な冬に入り、暖房をつけるようになって、部屋が乾燥してきていること。

部屋に置いている湿度計を見ると、理想とされる湿度の40~60%の範囲内にいつも入っています。

でも、暖房を入れると、やはり肌は乾燥しやすいのではないでしょうか。

粉吹きや乾燥が見られるので、最近は朝晩にワセリンを薄くぬって、肌を防御しています。

肌断食を始めて約半年が経過した昨年の冬は、このようなことはしていなかったんですけど。

肌断食を提唱している宇津木先生も、湿度が低い日に外出する時は、防御のためにワセリンを薄くぬってもよいとおっしゃっています。

年齢も年齢ですから、湿度の低い冬から春先までは、ある程度の防御も必要かもしれません。

ここではっと気付いたんですけど、今年の冬になってから、部屋の加湿を何もしてませんでした!

加湿器を持っていないので、昨年は濡れタオルを部屋に干したりしていたのに。

部屋の湿度計の数値がけっこう高いので、加湿しなくてもいいと思っていたんですね。早速加湿します・・・。

スポンサーリンク

肌断食の経過写真

それでは、現在の肌の写真をお見せします。覚悟はよろしいですか?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し離れたところから撮った写真も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今はこんな状態ですね。

肌診断アプリの判定結果

今回も肌診断アプリを使って、肌の状態を測定しました。

まずは肌年齢を判定できるアプリ、Viewtyの結果から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分では先月より肌の状態は良くないと思っていましたが、Viewtyの評価は先月より高いですね。

キメがEからDになり、うるおいがGからDに上がりました。他の項目は変わりません。

もう一つ使用しているTroveskinというアプリの判定結果は、総合スキンスコアが89でした。

シミと細かいシワについては「最高」、毛穴と触り心地は「良い」という評価です。

総合スキンスコアは先月の87から上昇して、最高値を更新しました。

参考程度なんですけど、こういうアプリで診断するの、楽しいです。

これから春先にかけては、すっかり忘れていた(笑)部屋の加湿をして、肌の乾燥を防ごうと思います。

湿度計の値は理想値の範囲内でも、暖房を入れると肌に影響するというのが実感です。

ニキビも相変わらずできるんですけど、肌断食のおかげで早く治ります。

ニキビができるのは体質かな・・・と諦めているところもありますが、少しでも減ってくれれば(祈)。

 

このブログの内容を肌断食に関するものに絞って、もっとわかりやすい構成にしようと思っています。

内容の変更には時間がかかると思いますが、よろしかったらまた遊びに来てください!

ABOUT ME
Susie
はじめまして、スージーです。20代の頃からニキビ、肌の赤みに悩んできました。ひょんな思いつきから、2019年の4月末に肌断食を開始。皆さんの参考にしていただけるように、これまでの経過や効果などをお伝えします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です