夏から秋への変わり目

要警戒!夏から秋にかけて、肌には何が起こる?

涼風さんによる写真ACからの写真

全国的にまだまだ暑さが続いていますね。私が住んでいる地域でも、昨日までに連続14日間の猛暑日を記録しました。あと2、3日は猛暑日が続くらしいです。

今年は梅雨がなかなか明けないと思っていたら、暑さはしっかりやってきましたね・・・。まあ、今年も暑いとは思っていたんですが。

連日の暑さに耐えているこの頃ですが、そろそろ季節が移り変わる兆しが見え始めます。

私が夏から秋にかけての季節の変わり目を怖れていることは、これまでにも何度かお話ししてきました。

肌の乾燥が怖い。食事でなんとかなる?いきなりですけど、私、怖いんです。 と書けば、「何が?」と当然言われると思いますけど(笑)。 何か怖いかと言うと、夏の終わり頃から始...

 

肌断食をする前、スキンケア商品も化粧品も普通に使っていましたが、この時期にいつも使っていたファンデーションが急に合わなくなったことがありました。

肌がピリピリして、2年ほど続けて皮膚科に駆け込んだことがあります。

皮膚科に駆け込むほどのトラブルに見舞われたのが、夏から秋への変わり目だけだったので、この時期には特に注意しています。

今日は夏から秋への季節の変わり目に肌はどう変化するのか、この時期にどうして肌トラブルが起きやすいのかを書いていこうと思います。

肌断食をしている私なりの対策についてもお伝えします。もうすぐやってくる肌にとっての試練の時期を乗り越えましょう!

夏から秋への変わり目に肌に起こること

夏から秋への変わり目に、肌に起こることは以下の通りです。

  • 夏に受けたダメージの影響が現れる
  • 寒暖差や湿度の変化
  • 環境の変化によるストレス

夏に受けたダメージの影響が現れる

ご存知のように、夏は紫外線の量が多くなります。また、高温多湿な天候で、エアコンによる室内の乾燥など、肌にも負担がかかります。

夏の暑さにより夏バテしたり、体調が悪くなることもありますよね。体調の悪さは肌にも悪影響を与えます。

夏の肌ダメージは多くが肌内部の炎症によるものです。このようなダメージは秋になっても残ります。

ここで、紫外線量の変化について確認しておきましょう。

以下に、気象庁のHPに掲載されている「日最大UVインデックス(解析値)の年間推移グラフ」を掲載します。

気象庁のHPによると、このようなグラフは「著作権の対象ではありませんので、これらについては本利用ルールの適用はなく、自由に利用できます」とのことです。

ここで言っている「本利用ルール」とは、気象庁HPの利用規約です。

 

 

 

 

 

 

出典:気象庁ホームページ 

東京の数値を見ると、8月が確かに最も値が大きいのですが、9月も6月、7月とあまり変わりませんね。10月に入ると、数値が大幅に低下します。

9月中は紫外線に対する警戒をゆるめないほうが良さそうです。

私の住んでいる地域の数値も、東京とほとんど差はありませんでした。このHPでは様々な地域の値を確認できますので、興味がある方はご覧になるといいですね。

寒暖差や湿度の変化

9月に入ると、朝晩は気温が下がり、昼は暑さが残る日も出てきますよね。そして、湿度が徐々に低下してきて、空気が乾燥してきます。

このような気候の変化も肌に影響を与えます。

環境の変化によるストレス

秋になると新学期が始まったり、社会人の方でも部署の移動などがあったりして、環境が変化することがあります。

このような環境の変化によるストレスが、肌に影響を与えることがあります。

スポンサーリンク

夏から秋への変わり目に起こりやすい肌トラブル

  • 肌の乾燥
  • シミやくすみ
  • ニキビ

この中でも、夏から秋への季節の変わり目に最も注意しなくてはいけないのは、肌の乾燥です。

先ほどお話しした私の肌のトラブルも、乾燥が原因だと考えて、部屋に毎晩濡れタオルを干して加湿するようにしたら、起こらなくなりました。

湿度計も買ったことだし、今年は部屋の湿度をしっかりチェックします!必要であれば、加湿器の購入も検討しようと思います。

夏から秋への変わり目に、肌の状態が不安定になることによって、肌のバリア機能が低下します。

バリア機能の低下によって、肌の水分量が低下し、肌が紫外線や摩擦などの刺激物質に対して弱くなります。

肌の炎症が起きやすくなって、赤みが目立つようになり、肌がカサついたり、ヒリヒリとした刺激を感じるように。

また、乾燥によってニキビ、シミ、シワ、たるみなどのトラブルも引き起こされます。

夏から秋にかけての肌の変化に対する対策

肌断食をしている私が、化粧品に頼らずに対策をする場合には、以下のことをするとよいようです。

  • 部屋を加湿する、水を飲む、筋トレをする
  • 食事ではタンパク質、必須脂肪酸(オメガ3系、オメガ6系)、亜鉛、ビタミンA、ビタミンB2、B6、ビタミンC、ビタミンEを積極的に摂取する
  • 肌をこすらない
  • 紫外線対策をしっかり続ける
  • 質の良い睡眠をとる
  • 入浴して、肌の代謝を良くする

要するに気をつけることはいつもと一緒なのですが(笑)、やっぱり一番重要なのは乾燥対策だと思います。

部屋の加湿や水を飲むことのほかにも、筋トレをして、水分を体に蓄えておける場所を作ることには力を入れていきたいです。

タンパク質やビタミン類などを積極的に摂って、バランスの良い食事をするのも大切ですね。

まとめ

それでは、夏から秋にかけての肌の変化についてまとめます。

  • この時期には、夏に受けたダメージの影響が表れやすい。寒暖差や湿度の変化、環境の変化によるストレスにも注意
  • 肌の乾燥やシミ、シワ、ニキビなどが生じやすくなる
  • 肌トラブルの対策の中でも、この時期には乾燥を防ぐことを重視するとよい

さあ、心構えはできたので、これからやってくる季節の変わり目になんとか対応していこうと思います。

やっぱり乾燥はいやですうー!!(←心からの叫び)

ABOUT ME
Susie
はじめまして、スージーです。20代の頃からニキビ、肌の赤みに悩んできました。ひょんな思いつきから、2019年の4月末に肌断食を開始。皆さんの参考にしていただけるように、これまでの経過や効果などをお伝えします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です