50代のニキビ跡

ニキビ跡、どうにかしたい!

50代でニキビ跡を改善するには

ニキビ、ニキビ跡、肌の赤みを改善すべく肌断食を始めた私。

気になるニキビ跡を目立たなくするにはどうしたらよいかと思い、調べてみました。

肌断食を提唱している宇津木龍一先生の「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」という本を見ると、

「どうしても隠したいシミ、ニキビ跡などがある場合には、さっさと治療してしまうことをおすすめします」

と書かれています。

さらに、50代以上の女性を対象としている雑誌、ハルメクのHPには、BEAUTYというコーナーがあります。

そのコーナーに、ニキビ跡や傷痕の赤みのケアに関する記事があります。

渋谷スキンクリニック院長の吉田貴子先生が記事の監修をされています。

その記事を読むと、やはり50代になっても残っているニキビ跡は、家でのお手入れで治すのは難しいとのことです。

美容皮膚科や美容クリニックでの治療が紹介されていますが、やはり短期間で終わるというものではなく、お金もけっこうかかりそうです。

うーん。確かに効果はあるのかもしれないけど、病院での治療は今の私にとっては難しいかなというのが正直なところです。

長年抱えてきた悩みなので、短期間で解決しないというのはよくわかっているのですが。

いろいろ調べてみた結果、私にもできそうなケアは、

  • ビタミンCを摂取する
  • 紫外線対策をする
  • 新陳代謝を促す

ことぐらいでしょうか。

ビタミンCは、すでにサプリを朝晩飲んでいます。

ニキビやニキビ跡、肌の赤み以外のことで、皮膚科に通っているのですが、そこで出されているビタミンBの薬も飲んでいます。

紫外線対策をすることについては、肌断食をしているため、15分程度の近所への外出には日焼け止めを塗っていません。

4月から10月くらいまでは主に日傘で紫外線対策をしています。

日焼け止めを使う必要がある時も、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを使います。

肌の新陳代謝を促すために、ピーリングを勧めている方も多いようです。

でも、肌断食をしている私には、ピーリングは向いていないように思います。

ピーリング剤を使う必要がありますし、肌への刺激も強すぎるからです。

私には、入浴や、ビタミンやタンパク質など、代謝を促す食べ物を意識して摂るという方法が向いていると考えています。

でも、やはり短期間でニキビ跡がなくなるわけではない。

これまでに書いた方法でどれだけ改善するかはわかりませんが、少しでも効果がある方法を意識してやっていこうと思います。



ABOUT ME
Susie
はじめまして、スージーです。20代の頃からニキビ、肌の赤みに悩んできました。ひょんな思いつきから、2019年の4月末に肌断食を開始。皆さんの参考にしていただけるように、これまでの経過や効果などをお伝えします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です