50代で続けるコツ

50代で肌断食を続けるための5つのコツ

oldtakasuさんによる写真ACからの写真

このブログで何度もお伝えしているように、50代で肌断食を始めた私。

50代で始める肌断食については、以前記事を書きました。

50代の私も肌への効果を実感!肌断食50代で肌断食をして、効果があるのか? 肌断食を50代で始めることについて考えてみます。 肌の状態をもっと良くしたいと考えて、化粧品...

 

肌断食というのは、どの年代の人にとっても、続けるのがなかなか難しいのです。

50代で始めるのならば、特に注意しておきたいことがあります。

今日は、私が考える50代で肌断食を続けるコツをご紹介します。

私が50代なので「50代で」と言っていますが、ある程度の年齢になってから始める人は同じ傾向があると思います。

いつも言っていますが、人によって合う合わないはあると思いますし、やめても全然問題はないと思います。

でも、せっかく意欲を持って始めたならば、続けられるといいですよね。

肌断食を始めて約1年たった今、それだけの価値はあると考えています。

 

ある程度の年齢になって肌断食を始めるメリット

「50代」と言われると、「年がいっているから」とか、「肌の変化がゆっくりだから」とデメリットを思い浮かべがちです。

でも、私は、50代で始めることにはメリットもあると思います

それは、

若い人に比べて、シンプルケアに抵抗のない人が多くなること

です。

一般に、若い女性は化粧品やスキンケア商品の新商品を試したり、流行のメイクを試したりすることに積極的。

肌断食を始めようと思っても、新商品を試したり、流行のメイクを楽しむことへの誘惑は強いのではないでしょうか。

友人とも化粧品やスキンケアの話をすることも多いです。

友人は普通にメイクやスキンケアを楽しんでいるので、辛く感じることもあるでしょう。

もちろん人によって違いますが、50代にもなると、そういう衝動が収まる人が増えてきます。

長年かけて自分のやり方が定着しているので、友人の話に左右されることもそれほど多くないはず。

心の面では、肌断食という何もつけないケアを受け入れる準備が整っている人が多いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

50代の人が肌断食を継続する5つのコツ

それでは、50代の人が肌断食を続けるコツとは何でしょうか。

私は、以下がポイントになると考えています。

  1. 肌断食は年齢を重ねてから始めても、効果があることを理解する
  2. 肌断食を正しく理解する
  3. 変化が起きるには時間がかかることを頭に入れておく
  4. 肌の乾燥に注意する。遠慮なくワセリンを使う
  5. ヘアカラーを無理してやめない

肌断食は年齢を重ねてから始めても、効果があることを理解する

人は成果が得られると思っていないと、何事もなかなか続けられないものです。

肌断食はちょっと特殊なスキンケア方法です。

先に成果がわかっていないと、気持ちが萎えてくることもあるでしょう。

肌断食を始める前に、ある程度の年齢になって肌断食を始めた人の体験談を読むのもお勧めです。

私は肌断食を始めて1年ほどしかたっていません。

でも、以前ご紹介した肌断食すっぴん女さんは、もう7年ほど肌断食を続けていらっしゃいます。

肌断食どっとこむ」というサイトに、肌断食の体験談や美容に関する知識をまとめられています。

肌断食参考サイト: 肌断食どっとこむ前回、平野卿子さんの本をご紹介して、肌断食に挫折しそうになっている方や、ある程度年配になってから肌断食を始めようとしている方に、ぜひ読ん...

 

この方は30代という若い時期に肌断食を始められました。

お母様も60代で肌断食を始められて、肌断食の効果を実感されているそうです。

他にも参考になる情報がたくさん紹介されているので、ぜひ参考になさってください。

また、60代で肌断食を始められた平野卿子さんの本も参考になります。

「最新版 肌断食 スキンケア、やめました」感想私は宇津木龍一先生の「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」を参考にして、肌断食をしています。 「肌」の悩みがす...

 

肌断食を始めてから1年経つまでの経過を、1ヶ月ごとに書かれています。

平野さんは、猛烈なひりひり感とかさつきに見舞われて、肌断食をこのまま続けていいものかどうか不安になったそうです。

それで、専門の先生にアドバイスを求められていて、私もとても共感しました。

そしてもちろん、肌断食を続けることで得られた肌の良い変化についても書かれています。

 

  *楽天books 最新版 肌断食 スキンケア、やめました [ 平野 卿子 ] *楽天kobo 最新版 肌断食 スキンケア、やめました【電子書籍】[ 平野卿子 ]

肌断食を正しく理解する

 

 

 

 

 

ぱくたそ(www.pakutaso.com)

肌断食について正しく理解していないと、挫折する可能性が高くなります。

これは、年代を問わず言えることです。

肌断食に関する知識を得る重要性については、以下の記事に書きました。

肌断食に挫折しないために気をつけたい3つのこと肌断食をしている私は、同じように肌断食をしている人たちのことが気になって、よくツイッターでも検索しています。 すると、肌断食を始めたも...

 

スキンケア商品も化粧品もいっぺんにやめなければいけないと思いこんで、結局続けられなくなる人もいます。

肌断食を提唱している人たちは、そう指示しているわけではないので、誤解しないようにしましょう。

肌断食は自己流にやるのではなく、肌断食を提唱している方のやり方に沿って実施するのがお勧めです。

やり方の基本を理解して、細部は自分のやりやすいようにアレンジするとよいでしょう。

また、肌断食を始めてから1~2ヶ月くらいの時期には、肌の猛烈な乾燥と角栓の大量発生などの事態に見舞われます。

このことは、ぜひ頭に入れておいてください。

肌断食 最大の壁肌断食を始めてから1、2ヶ月をどう乗り越えるか 乾燥や肌のつっぱりなどからくる辛さ 肌断食の最大の壁は、始めてから1、2ヶ月を耐えて...

 

この期間に耐えられなくなって、やめてしまう方が多いです。

この時期を乗り越えれば、自分でも気づかないうちに乾燥を感じることが少なくなってきます。

長年スキンケア商品や化粧品でケアをしてきた50代の人は特に、この時期の辛さを感じることが多いと思います。

ある意味、長年のケアが仇になるというか・・・。

でも、「肌断食を始めてから1~2ヶ月くらいの時期にはこういうことが起きる」ということを事前に知っていると、気持ちが違ってくるでしょう。

3. 変化が起きるには時間がかかることを頭に入れておく

2の項目にも関連することなのですが、50代にもなると、肌の変化には時間がかかります

私が肌断食を始めてから、自分でも変化を感じて、人にも変化を指摘されるようになったのは半年後でした。

若い方は変化を感じるのがもっと早いようです。

あまり言いたくないのですが(笑)、肌のターンオーバーの周期は年齢を重ねるに連れて、長くなっていきます。

ターンオーバーの周期は、20代の人は約28日です。

でも、30代になると約40日になり、40代で約55日、50代で約75日、60代で約90日です。

ああ、いやですねえ、この数字💧

ターンオーバーの周期が長くなるので、肌の変化を感じる時期もそれだけ遅くなります。

また、先ほどお話ししましたように、50代にもなると、長年スキンケア商品や化粧品でケアをしてきています。

このため、若い人に比べて肌の状態が悪化していることがあります。

その悪化した状態が改善するのには、余計に時間がかかるというわけです。

肌の改善には時間がかかるということも事前に知っていると、気持ちが楽になります。

4. 肌の乾燥に注意する。遠慮なくワセリンを使う

 

 

 

 

 

 

 

いらすとや

50代になってから肌断食を始めると、肌の乾燥が本当につらいんです。

肌の乾燥は若い方も感じるようなのですが、年齢を重ねると、その程度がひどくなるのでしょう。

乾燥を感じた時は、我慢せずにワセリンを使いましょう。

肌に優しいワセリンも、つけすぎると他の化粧品と同じことになってしまいます。

気になる場所に微量をつけるという基本を守った方がよいでしょう

でも、乾燥する季節には、顔全体に薄く塗ったり(できるだけ量は少なく)、唇にも薄く塗ってもよいでしょう。

粉吹きが見られる箇所にも遠慮なく使ってください。

ワセリン以外にも、部屋を加湿したり、水を飲んだりして、乾燥対策をしましょう。

5. ヘアカラーを無理してやめない

50代ともなると、白髪が気になります。

私も一般のヘアカラー剤で、1ヶ月半に1度くらい髪を染めています。

肌断食では、一般のヘアカラーはできるだけ使わないことを勧めています。

肌への影響が少ないヘアマニキュアなどを使うとよいとのこと。

この機会にグレイヘアに挑戦してみたい方ならば問題はないと思います。

でも、私のようにまだ白髪を隠したいと思っている方は、無理してやめる必要はないでしょう。

私は今のところ頭皮や髪に問題を感じていないので、ヘアカラーを続けています。

白髪をそのままにしておくと、ストレスを感じるので。

ヘアマニキュアは地肌につくととれにくいので、自分で染めるのは難しいです。

また、ヘアマニキュアは髪の表面を覆う商品です。

後で普通のヘアカラー剤で染めたくなった時に、ヘアカラー剤が中に浸透しにくくなります。

だから、私はヘアマニキュアは自分では使いません。美容師さんにやってもらうのはいいですけど。

カラートリートメントはどうしても染まりが弱いですしね。

肌断食では湯シャンも推奨されています。

でも、私はどうしても臭いが気になってしまいます。

それで、シャンプーやトリートメントを使う頻度を4日に1回にしました。

「使わなくする」ということが難しければ、使う頻度を減らすことも一つの方法です。

これが、「基本のやり方を守りながら、細部は自分のやりやすいようにアレンジする」という一つの例です。

まとめ

ある程度年齢を重ねてから肌断食を始める時のコツをまとめます。

  1. 肌断食は年齢を重ねてから始めても、効果があることを理解する
  2. 肌断食を正しく理解する
  3. 変化が起きるには時間がかかることを頭に入れておく
  4. 肌の乾燥に注意する。遠慮なくワセリンを使う
  5. ヘアカラーを無理してやめない

年齢を重ねてから何かを始めるとなると、どうしても「この年で始めて効果はあるのか」と思いがちです。

でも、この年になったからこそのメリットもあります

事前に情報や予想される事態を頭に入れておけば、気持ちの動揺も少なくなります。

肌断食を始めて約1年経った今の段階でも効果を感じてはいますが、これからも経過をお伝えしていきます。

私は年齢や肌の性質から、変化が遅いです。

そういう人でも肌は変わっていくんだということをお見せできたらいいなと思っています。

ABOUT ME
Susie
はじめまして、スージーです。20代の頃からニキビ、肌の赤みに悩んできました。ひょんな思いつきから、2019年の4月末に肌断食を開始。皆さんの参考にしていただけるように、これまでの経過や効果などをお伝えします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です